製品案内

Product Information

製品案内の説明が入ります。製品案内の説明が入ります。製品案内の説明が入ります。
製品案内の説明が入ります。製品案内の説明が入ります。

中工精機ボールミルの基礎知識

ボールミルとは?What ball mill

円筒容器内に、粉砕媒体であるボールを一定量投入して、水平軸を中心に回転 させると、ボールは円筒容器の 回転と共に、内壁に沿って一定の高さまで持ち 上げられ、内壁を、滑ったりボール層上を転がり落ちたりして円筒容器内を一定 方向に循環します。
そのボールの循環移動中に粉砕原料が投入されていると、粉 砕原料はボールと内壁・ボールとボール間の摩砕力やボールが転がり落ちる時の 衝撃力で細かく粉砕されます。また、粉砕以外に混合や分散にも利用されています。

ライニング材の種類Lining material

ボールミルはライニング(ライナー)材の種類を変更することにより、様々な原料(対磨耗性・耐薬品性・コンタミネーション等)に対応可能です。
弊社では以下のような実績がありますが、その他ご希望のライニング材がありましたらお問い合わせ下さい。
アルミナ・高純度アルミナ・窒化珪素・マンガン・スチール(SS,ヘルテン)・天然石・耐磨耗ゴム・耐薬品ゴム・MCナイロン・ウレタンゴム・PP(ポリプロピレン)

ボールの種類Ball type

ボールミルに投入するボール(メディア)には様々なサイズがあり、目標とする粒度や原料に応じて、数ミリのビーズから60mm程度のボールまで使い分けています。
素材としては、アルミナ・高純度アルミナ・窒化珪素・スチール・天然石・ジルコニアMCナイロン(鉄芯入り)など、これ以外にも様々な素材があります。

内部のボールの動き①Ball motion 1

ボールの循環移動状態をコンピュータシミュレーションしますと、粉砕媒体であるボールの動きが良く解ると思います。

概略条件
ボールミル内径 1000mm
ボール径 50mm
回転数 32rpm

内部のボールの動き②(リフターバー付)Ball motion 2

リフターバーが付いた場合のボールの循環移動状態をコンピュータシミュレーションしています。

概略条件
ボールミル内径 1000mm(リフターバー付)
ボール径 50mm
回転数 32rpm