中工精機
スタッフインタビュー

INTERVIEWスタッフインタビュー

みんなで造った製品が出荷されて行く時に一つの嬉しさを感じています。

「五感をフルに使うこと」「自分のこだわりを生かせること」「設計から溶接・加工・組立と一貫して製品に携われること」が私にとって仕事の大きな醍醐味となっています。大手企業とは違い大量生産を主とせず、1機1機自分にとってお客様にとって満足のいく機種ができるよう、自分の持つ技術や知識をフルに使うことに勝負をかけています。先輩方からは厳しい中にもある親しみや優しさがあり、頼りになる先輩に囲まれて仕事をしています。
出来あがった製品が大型トレーラーで出荷されていくところは、ひとしおです。「皆で造った製品が納入先の現場・会社で活躍するんだな」と思うと嬉しくなります。

原 秀和
機械加工 2015年入社

2015年入社。前職では、介護業界。「ものづくり」がしたいとの想いから中工精機株式会社に就職。

現在は、機械加工Gにて大型のマシニングを担当し、中工精機の掲げる5S運動の「5S委員長」としても活躍。

Q1.入社のきっかけ

ものづくりがしたいと思っていた自分に合っていると感じた。

前職の介護業界に勤めている時から、自分の中でものづくりがしたいという気持ちがとても強く転職を考えていました。その中で弊社のホームページをきっかけに面接や面談を重ねるうちに、中工精機のものづくりに対する姿勢や社内の雰囲気に共感を得て入社することになりました。

Q2.やりがいを感じるのは、どんなときでしょう?

出来上がった製品が大型のトラックに乗って出荷されるときは、ひとしお。

弊社は大企業や大型の工場のような、流れ作業や分割された仕事というわけではありません。1機1機それぞれの仕様やスペックに合わせて製造するため、設計チームからいただいたCAD/CAMを元に機会を稼働させますが「お客様第一」に考えた時に、設計チームの方に他の方法を提案することもあります。
出来上がった製品が大型トラックに乗って出荷されるときは、「皆で造り上げた弊社の製品が納入先の会社で活躍していくんだなぁ」と思い、毎回自分の仕事を振り返るきっかけにもなっています。

原さんの担当するオークマの大型の門型工作機械
Q3.中工精機の強みは?

他社には真似できない大型製品の設計製造

海外を見ると様々なメーカーがありますが、現在日本/アジアにおいては弊社の製品は「大型ボールミル」のジャンルになります。特殊なジャンルですが、導入先の企業様は様々でインフラから生活雑貨の原料など様々な業界へ対応した製品づくりができます。
業界のトップランナーとしてのプライドもさらに深くして行きたいですね。

Q4.自分が活かされている場所はどんな時?

前職から、転職してきたタイミングでは工具の名前はもちろん機械の名前も知りませんでした。自分にできることは何かと考えた時に「まずは掃除だ」と思い。自分の作業がないタイミングや清掃時間などを使って工場を綺麗に保つように心がけました。
それをきっかけに現在は「5S委員長」を任命いただき、5Sチームで会社にとって何ができるかなと考えて実行をしていっています。担当の機械加工Gでの仕事もそうですがこういった自分が責任を持って任される事にやりがいを感じます。

ある日の1日の動き

8:00 全体朝礼
その日の業務確認や今後のスケジュールを確認しながら工程管理
9:00 設計チームとの打ち合わせ
次の納入タイミングについて製造期間の調整
10:00 加工
一つのワークから削り出すため、ワークの設置から位置調整など加工をスタートさせるまでの工程は多い
12:00 休憩
週に1回ある「中工精機のサラメシ」は豊富なメニューで人気。この日はハヤシライスとサラダバー。
13:00-16:00 加工
工程通り進んでいるか確認しつつ、翌日や今後の作業確認。また合間に「5S活動」で近隣道路の清掃も
17:00 終業

VIDEO会社紹介ビデオ

私たちの、想い
中工精機株式会社の会社紹介ビデオ
ぜひ弊社の雰囲気をご覧くださいませ

LINKリンク

スタッフブログこもれびガーデン

中工精機株式会社コーポレイトサイト